髭剃りの始まり 男性の脱毛事情


脱毛は女性だけのものではありません。 男性が行う髭剃りも脱毛の一種と言えます。 それでも、古代の女性たちが、最初は毛を削りとっていたりしていたときには、男性は特別髭剃りなどはしていなかったようで、伸ばしっぱなしだったようです。 髭剃りが一般的になり始めたのは、ローマが最初のようです。 紀元前1世紀には、ローマの公衆浴場での体毛を抜く光景がみられたようですが、あまりの痛さに悲鳴が騒音になっていたということも言われています。 ただ、男性のヒゲは威厳を保つために必要という時代もあったようで、それほど流行したものでなかったようです。 男性のヒゲ脱毛の流行は、流行ったり、なくなったりとしていましたが、いずれも上流階級のシンボルとされていた事は確かです。 一般市民の脱毛事情に関しては、男性も女性もはっきりとした文献はありません。 ただ、日本では経平安時代に、イギリスなどでも13世紀あたりからは、貝殻を使用したりして行う脱毛処理をしていたと推測されます。 こうしたものがやっと脱毛習慣として出てきたとされます。 ものがない時代ですが、体毛は当たり前のように生えています。 何等かの方法を使って、邪魔になる体毛をなんとかなくそうといういろいろ行っていたと推測されます。 体毛を抜くことを体をキレイに見せるということは、人間の心理としては変わらないと言うのは、こうした歴史的な脱毛事情によって理解することができます。 そういえば、どうしていた?と言うのは興味のあるところです。